- 除菌・消臭 - 水道水感覚で使える除菌水生成装置 -エルビーノ-  物から人へ、人から人への感染対策 安心の付加価値  ELBEENOで衛生面の差別化を

エルビーノ5つの特長

「わずか時間で効果的な手洗い」  「手洗い・除菌 ダブル仕様 用途に応じて 2種類の液を選択」   「手洗い 1回 2.9円 経済的な ランニングコスト」   「流水浸漬による 除菌にも対応 器具や食器などにも 使えます」  「センサーで 自動スタート 本体に触れる事なく 衛生的」

エルビーノ微酸性次亜塩素酸水5つの安全・安心

「お肌にやさしい 微酸性 皮膚に近い pH値の除菌水」   「厚労省が定める 食品添加物 人にも環境にも 高い安全性」  「菌、ウィルスに 高い除菌力 ノロウィルスにも 一定の効果」  「本体に多数の 安全対策 液切れ、モーターの 異常等 多数の安全対策」   「安全試験 除菌力試験 クリア ※日本食品分析センター検査」

エルビーノ微酸性除菌水とは

除菌力の高いpH5.0~6.5(微酸性) の微酸性次亜塩素酸水です

微酸性次亜塩素酸水の除菌力

次亜塩素酸の含有率が高いほど除菌効果が望めます。(図:次亜塩素酸の存在比率に対するpHの影響)

微酸性次亜塩素酸水の除菌力グラフ

次亜塩素酸水は、特定の原液を電気分解することにより生成される、次亜塩素酸(HOCl)を主成分とする水溶液です。次亜塩素酸は強い除菌力を有しており、大腸菌や黄色ブドウ球菌など様々な食中毒菌、ウイルスに対しても高い効果があります。

また次亜塩素酸ナトリウム(塩素系消毒薬の主成分)では効果の表れにくいカビ類に対してもその効果を発揮します。また次亜塩素酸は、その存在比率がpH値によって変化します。

pH値が2〜7の酸性領域では非常に高く、逆にpH値が7を超える(アルカリ性に推移する)と急激に減少します。アルカリ性へと偏るにつれ、除菌力の微弱な次亜塩素酸イオン(OCl-)の比率が増え、pH値が9を超える領域では、次亜塩素酸の比率は10%以下となります。

実際に40ppmの酸性次亜塩素酸水は、1,000ppm次亜塩素酸ナトリウム液と同等の除菌力を示します。

次亜塩素酸水の有効性

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの殺菌活性

細菌・ウィルス 次亜塩素酸水
(40ppm)
次亜塩素酸Na
(1,000ppm)
黄色ブドウ球菌 ◎(10秒) ◎(10秒)
MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌) ◎(10秒) ◎(10秒)
セレウス菌(Bacillus cereus) △(3〜5分) △(3〜5分)
サルモネラ菌(Salmonella Enteritidis) ◎(10秒) ◎(10秒)
腸炎ビブリオ菌(Vibrio parahaemolyticus) ◎(10秒) ◎(10秒)
腸管出血性大腸菌(Escherichia coliO157:H7) ◎(10秒) ◎(10秒)
カンピロバクター菌(Campylobacter jejuni ) ◎(10秒) ◎(10秒)
ノロウイルス(ネコカリシウイルス) ◎(10秒) ◎(10秒)
インフルエンザウィルス(2009年新型を含む) ◎(10秒) ◯(10秒)
カンジダ(candida albicans) ◎(10秒) ◎(10秒)
黒カビ(アスペルギルス; Aspergillus niger) △(5分) ×(120分)
青カビ(ペニシリウム; penicillium cyclopium) △(5分) ×(120分)

業種別導入事例

医療
歯科医院
介護
学校・保育・幼稚園
動物病院
飲食・ホテル

仕様

濃度 塩素濃度:Lモード :20±20ppm Hモード:30±20ppm
pH:5.0~6.5
(LOモード・HIモード切替機能)
生成量 約4リットル/分(250kPa)
定格電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 最大定格 90W、待機時5W
サイズ 卓上仕様:320W×200D×350H ※設置用足含む
壁掛仕様:320W×120D×300H ※壁掛け板含む
乾燥時本体重量 NET 3.5kg
配管口径 水道水入口20a(PF3/4)
専用原液注入量 約19〜23cc/min
運転方式 センサー感知による10/15秒運転 手動スイッチによる連続運転(最長15分)
安全装置 原液不足防止装置・過電流制御装置・使用時間メモリ機能
備考 除菌効果水出口は専用出水管を使用しています。
本製品は寒冷地仕様ではありません。
資料請求・お問い合わせはこちら